teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


平安時代の貴族の女性は風呂嫌い?…日本初のスーパー銭湯は稲荷神社の「窯風呂」・

 投稿者:伊奈利  投稿日:2018年 6月22日(金)07時15分32秒
  平安時代の貴族の女性は風呂嫌い?…日本初のスーパー銭湯は稲荷神社の「窯風呂」・写真館…すごい納豆 Sー903…トウモロコシ

★…納豆の誘惑 すごい納豆Sー903

 あるスーパーであと一品おかずが足らないので安い納豆を買った。レジで少し高いと思ったのでレシートを見ると68円の納豆が148円となっている。これは私が安い納豆の隣りの高級納豆と間違えたのだ。

 私は元々納豆を食べるという文化はない、いつも3個パックを買っても2個は食べるのを忘れて捨ててしまう。さて、そのお味はというと「わからん」…もうボケているのです。

★…トウモロコシの誘惑

 散歩道の畑にトウモロコシがなっていた。ふと手を伸ばせば取れたての新鮮な甘いトウモロコシが食べられる。周りには人影はない、しかし、最近はアチコチに防犯カメラがあると諦めた。

 ある日の新聞には「貧乏作家貧困に耐えかねてトウモロコシ3本(300円相当)を盗み逮捕」となっていたかもわからない。魔が差さなかってよかった。


平安時代の貴族の女性は風呂嫌い?…日本初のスーパー銭湯は稲荷神社の「窯風呂」だった。現存する最古の窯風呂 40話

 このころの貴族は占いをかなり信用して風呂には入らなかったとされる歴史学者が多い、だから体臭を隠すためにお香を焚くというものだ。しかし、あの長い髪と十二単を着た女性が仮に一か月も風呂に入らなかったらどんな匂いがするのかと想像するだけでも寒気がします。

 しかも恋多い女性などは現代のフリーセックス状態で真っ暗闇の部屋でのHでは嗅覚は3倍ほど敏感になるので到底お香をバンバン焚いても臭うだろう…その貴族の女性達も稲荷神社のファンで二代目宮司の生成と面会して都で一番とされる祈祷師のお祓いを受けている。そしてお茶の時間には部屋で懇談をするが生成はまだ一度もこの貴族の女性が臭いと思ったことがない。

 またこの稲荷神社には人間の千倍の嗅覚を持つ狐もいるが、この狐達もこれらの貴族はかなり清潔だといっている。この稲荷神社には若い女性の巫女が30名在籍している。この巫女は信者を神楽殿に座らせてその前でお祓いをして神楽の舞を舞うが、もしこの巫女が風呂に入ってなくて臭かったら稲荷神社の信頼は地に落ちるだろう。だからこそ稲荷神社には参拝者及び神職用の窯風呂があった。

 ただ一部の悪い占い師たちが貴族の女性に風呂に入ると毛穴から悪霊が入るという迷信を流布していたので生成はこの貴族の女性たちに、
「そもそも、神様にお参りするときは手を洗い、口を濯いで清潔な体で拝まなければならない」
「そうですわね~だから私達もここにお参りする日の朝は蒸し風呂に入ってくるのです」
「その悪い占い師は御池奉行所の認可を受けていない占い師ですからもうすでに平安騎馬隊に逮捕されています」

 この稲荷神社の窯風呂とは矢背(八瀬)にある窯風呂を真似たもので陶器を焼く窯の形で広さは六畳ほどでその窯の中に薪を入れてまず土の窯そのものを焼く。そして焼けたら土の壁に水をかけて蒸気を発生させるが、蒸気が少なくなるとまた水をかけるという構造になっている。これでも1回の窯焚きで約8時間は持つ。床には稲わらが曳かれてその上の布(風呂敷)に座って藻俵(わらを叩いて柔らかくした物)で体の垢をこするという仕掛けになっている。女性は浴衣を着て入る場合が多い、これは男女混浴のために女性のたしなみでもあったが、これが現代の夏の浴衣(ゆかた)になっている。そして最後の仕上げに瓶にある湯を体にかけるというもので薪の量が節約できるというものになっていた。

 貴族の屋敷ではさすがにこの窯風呂はなかったが、木の狭い風呂場で湯を沸かしてその蒸気で蒸し風呂にするという原理は同じになる。その窯風呂の銭湯を稲荷神社は境内の外の大和街道に「稲荷スーパー窯風呂」を造り、参拝者や旅人にも利用させていたが、残念ながら混浴ではなく二つの窯風呂に分けられていた。ただ農民や庶民にはやはり贅沢なもので日ごろは井戸、川の水で水浴していたが、さほど現代とかけはなれた不潔な体ではなかった。

 このスーパー窯風呂には料理屋がありすぐ近くの鴨川で獲れる獲れる鯉、ふな、うなぎ、夏なら鮎と新鮮な川魚が食べられた。この鴨川の漁業権は天皇にあったが、特例として15歳以下の子供の漁業は認めていた。子供たちはその魚を獲って持って稲荷神社の児童館にくれば昼ごはんが無料で食べられるということだったが、これは昼食が目的ではなく子供が読み書きや算盤を勉強をするという小学、中学の役割をはたしていた。子供が持ってきた魚は稲荷神社直営のお茶屋や料理屋で料理して出すが、それを児童館の資金にしている。

 例に寄って天皇と生成は神泉苑で酒盛りをしていた、天皇は、
「のう、生成よ!お主の稲荷神社は五穀豊穣の神様でなかったのか?」
「はい、まったくその通りでございます」
「だが、世間では金儲けの神さん、商売の神さんと悪い噂があるが…なんでも子供を使って鮎を獲らしてそれを旅人などに高い値で売っているならまだしも、スーパー窯風呂なる風俗業にも手を出しているのか?」
「いゃいゃ、それは大きな誤解で、私は国民の健康を願って銭湯を…」
「そか、それなら予もそのスーパー窯風呂に招待してくれ」

 天皇がスーパー窯風呂に行幸されるのは805年10月15日の日帰りと決まった。この日は銭湯は休日にして二階の大広間に急遽天皇が休憩する寝室を用意していた、そして生成は深草村の村長に、
「天皇の接待をする女性を探してほしい」
「いや~百姓の娘にそんな公家の仕来りを教えることも…」
「いゃいゃ、ただ風呂の世話をするだけじゃ、それに天皇は若い女性は好みではなく子供を1人産んだぐらいの三十前後の色白で小柄な後家が好みだと聞いている」
「ほう、それなら私の娘が離婚して帰ってきています」
「ほう、それそれ、その娘を差し出せ~!」
「しかし、もし、子供でもできれば…」
「それならその子供は天皇の皇子になる、村長も貴族にデビューできる」

 こうして桓武天皇のスーパー窯風呂の視察は終わったが、その後、偶然か偽りか、村長の策略かは神のみ知るが、この村長の娘が妊娠したという。そしてこの娘が妊娠したということは天皇に伝えられたが、それは無事生まれた上でのこととなり、その6か月後の4月9日に天皇は崩御されてこの妊娠の話は歴史から抹消されていた。しかしながらこの生まれた女の子はいずれ宮中の侍女となり嵯峨天皇の子供を宿ることになる。

★…画像は現存している最古の「八瀬の窯風呂」
 
 

伏見稲荷大社の名物

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月21日(木)07時48分29秒
  伏見稲荷大社の名物・稲荷寿司、雀の焼鳥、若狭の鯖寿司、招き猫のルーツは伏見稲荷の「招き狐」の置物だった。若狭の鯖寿司も荷田生成が考えたものだというお話。13話

伏見稲荷大社の名物…稲荷寿司、雀の焼鳥、若狭の鯖寿司、招き猫
 

(無題)

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月20日(水)15時52分21秒
  しょうもない写真館 14~15

★…納豆の誘惑 すごい納豆Sー903

 あるスーパーであと一品おかずが足らないので安い納豆を買った。レジで少し高いと思ったのでレシートを見ると68円の納豆が148円となっている。これは私が安い納豆の隣りの高級納豆と間違えたのだ。

 私は元々納豆を食べるという文化はない、いつも3個パックを買っても2個は食べるのを忘れて捨ててしまう。さて、そのお味はというと「わからん」…もうボケているのです。

★…トウモロコシの誘惑

 散歩道の畑にトウモロコシがなっていた。ふと手を伸ばせば取れたての新鮮な甘いトウモロコシが食べられる。周りには人影はない、しかし、最近はアチコチに防犯カメラがあると諦めた。

 ある日の新聞には「貧乏作家貧困に耐えかねてトウモロコシ3本(300円相当)を盗み逮捕」となっていたかもわからない。魔が差さなかってよかった。

 

下書き

 投稿者:イナコ  投稿日:2018年 6月18日(月)08時00分40秒
  日本最初の女装の発祥地は「伏見稲荷大社」のお祭り・しょうもない写真館…銀杏、枇杷の実



しょうもない写真館 12~13

★…銀杏の実の誘惑 12

 ある公園には大きな銀杏の木が3本、少し小さな木が1本あるが、毎年この小さな木にはタワワに銀杏の実がなる。この小さな木は女性で大きな3本の木は男だと思う。仲良くしましょう人間も…。

★…枇杷の実の誘惑 13

 今年も元気に実をタワワに付けてくれた伏見稲荷大社参道脇の枇杷の木。この枇杷の実は私の子供のころからあり、持ち主に許可をいただいて手の届く範囲の枇杷の実を取って食べていました。

 そして私の子供にも肩車をして「枇杷狩り」をして遊んでいました。この枇杷の木の下は「ちびっこ広場」になっているが、甘くて美味しいというのを知らないのか?、誰も欲しがっていないのが不思議になる。

狐の面を被って稲荷神社の夜参り、男は女物の着物を着て日本最初の女装が誕生していた。日本初の女装コスプレ 小説「伏見稲荷大社の物語」…55話から

 信仰とは奇妙なもので誰かが仕掛けなくても大流行するものもある。初代稲荷神社の宮司伊呂具のときは稲荷山の土を持って帰ると願いが叶うと大流行したこともあった。その後、それが日本初の玩具として土人形が大量生産され稲荷神社名物のお土産として販売されているが、これが博多人形のルーツにもなっていた。

 そして今度は夜に狐の面を被ってお参りすると願いが叶うということが大流行していた。女子はそのまま狐の面を被るが、なぜか男はその面を被り着物は女物を着なければ御利益はないと信じられていた。つまり、男は女装してお参りするということでこれが日本で最初の女装となった。

 午後7時ごろになると静かだった境内も賑やかになり狐の面を売る夜店なども数軒でていたので、これがまた人を呼びさらに賑やかになってきた。神社は年中灯篭や行燈に火を入れてライトアップをしていたが、さらにかがり火などを追加して神秘の世界を演出していた。。神社直営のお茶屋も夜まで営業をつづけて若いカップルの夜のデートコースの人気ナンバー1にもなっている。

 この奇妙な夜参りの原因は実は私たちにあると稲荷山の狐が宮司三代目の伊蔵に狐が報告をしていた。狐は、
「実は…私たちの若いまだ未熟な狐が人間に化ける練習を夜の境内でしていたのです。ところが顔が一番難しくて時には目が一つや三つ、たまに四つの顔になるのです。で、そんなものを人間の参拝者に見せたら腰を抜かしてしまうので練習中は紙粘土の狐のお面をつけていたのです」
「ほう、それはそうだ、稲荷神社に妖怪がでるという噂になれば大変なことになる」
「はい、それで境内にかなり多くの面をつけた狐に化けた人間がいたので人間の誰かがそれを見習って狐の面をつけて拝んだところ願いが叶ったという噂になりました」
「ほう、流行ってのそんなことから始まるのか?。しかし、男が女の着物を着て女装するのはなぜなのか?」
「はい、それはここの神さんは女の神さんでカップルが仲良く手をつないでお参りをすると、その神さんが妬み、嫉妬してこのカップルを別れさすという噂になったらしいのです。そこで神さんにやきもちを焼かれないために男が女の着物を着て女性同士だと見せていたのです」
「ほう、たしか千本鳥居でもカップルが同じ道を二人で歩くと別れるというジンクスがあるが、あれか?」
「はい、これを知っている人は左右に分かれている鳥居を別々に歩くと末永く幸せになると信じられています」

 この流行は洛中、洛外にも知れ渡り、古着を扱う東市の市場では女性の着物が飛ぶように売れていた。しかも、普通の着物や浴衣だけではなく花嫁衣裳や巫女さんの衣装までも品切れ状態だった。それに、紙粘土の狐のお面も製造が間に合わず、つ、ついに男がそのまま女の化粧をするようにもなっていた。こうなれば稲荷参道フィバーでこれを見物する参拝者でこれまた夜の稲荷神社参拝は大いに賑わっていた。

 これを宮中の噂で聞いた嵯峨天皇まで夜の稲荷神社参拝をしたいといいだした。宮司の伊蔵は「しかし、夜の外出は危険になります。それに警備にも金も人も入ります」
天皇は、
「おいおい、伊蔵…六条河原離宮から稲荷神社まではほんの1時間で行けるではないのか?」
「はい、しかし、これは妖怪のようなオカマも沢山いますから、決して見て楽しいものではありません」
「いゃいゃ、予はこの国の天皇で国民がどんな遊びを楽しんでいるかを視察するのも大事な仕事になる」」

 この天皇は一度言い出したら聞かないので伊蔵は観念して、嵯峨天皇の稲荷神社への行幸の準備をしていた。10月22日の午後6時に離宮を出発した豪華絢爛な天皇を乗せた牛車は竹田街道を南下、勧進橋から稲荷神社参道に入り大和大路から表参道の巨大な鳥居をくぐると桜門まで300mの間には約300名の女装?それとも妖怪、オカマ?とも取れるコスプレ女装が大歓声と拍手で嵯峨天皇を迎えていた。

 本殿にお参りした天皇はその後お茶屋で休息をしていた。このお茶屋は高級で今でいうなら祇園の高級クラブのようなものだ。そこには神楽舞台があり巫女さん10名が笛や太鼓、それに琴の演奏で神楽を踊っていた。天皇は酒を飲みながら、伊蔵に、
「ほう、伊蔵もこんな美人に囲まれていい思いをしているな~オホホ」
「天皇、天皇はどの巫女がお好みで?好きなのを選んでください」
「おほ、そうか~それなら前列左側の背の高い巫女が予の好みになる…」
「それは目が高い、あのものは禰宜の吉左といいます」
「ふむ、禰宜…吉左…これ伊蔵、あれも女装か?」
「はい、今夜はオールスペシャルバージョンになっています」
「そか、それなら帰りの牛車で予と吉左の二人だけで酒を飲むことにする」

 こうして嵯峨天皇の稲荷神社への行幸は無事終わっていたが、なぜか?神社の神職で禰宜の吉左はよほど天皇に気に入られたのか六条河原離宮の近くの六条稲荷神社の宮司になっていた。この六条稲荷神社は後にここで生まれた文子という女性が菅原道真の乳母になったことから「文子天満宮」になっている。

 

日本最初の女装の発祥は「伏見稲荷大社」のお祭り…写真館…銀杏、枇杷の実

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月17日(日)15時05分24秒
  日本最初の女装の発祥は「伏見稲荷大社」のお祭り…写真館…銀杏、枇杷の実

 

しょうもない写真館 12~13

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月17日(日)07時54分37秒
  しょうもない写真館 12~13

★…銀杏の実の誘惑 12

★…枇杷の実の誘惑 13

 今年も元気に実をタワワに付けてくれた伏見稲荷大社参道の枇杷の木。この枇杷の実は私の子供のころからあり、持ち主に許可をいただいて手の届く範囲の枇杷の実を取って食べていました。

 そして私の子供にも肩車をして「枇杷狩り」をして遊んでいました。この枇杷の木の裏は「ちびっこ広場」になっているが、誰も欲しがっていないのが不思議になる。
 

銀杏の実が…

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月14日(木)15時16分38秒
  銀杏の実が…

ある公園には大きな銀杏の木が3本、少し小さな木が1本あるが、毎年この小さな木にはタワワに銀杏の実がなる。この小さな木は女性で大きな3本の木は男だと思う。仲良くしましょう人間も…。
 

コモチマンネングサ

 投稿者:伊奈利  投稿日:2018年 6月13日(水)08時20分25秒
  国家の品格…カジノ法案に賛成している下品な奴ら・しかし、日本人の99%はカジノには無縁になります・コモチマンネングサ

★…熱風に耐えて今年も綺麗な多肉の雑草

 我家のベランダの半分はエアコンの室外機の排気のために地面の植木や花は育たない、それで我が家の農園は半畳農園と自分で揶揄している。

 その排気で使えない土地に2年ほど前に雑草の種が天から降り降りて小さな金色で★形の花を一つ咲かせた。それが昨年にはその最悪の土地で繁殖して2回の冬に耐えて今年も見事に咲いてくれた。(これで3分咲程度)

 そこで名前を調べたら多肉の雑草で「コモチマンネングサ」とあった。そこで私も勝手に「イナリキンボシ」という名前に命名した。

 去年の夏はこの「イナリキンボシ」に遠慮してクーラーをギリギリ限界まで我慢していた。たしか…7月10日だと記憶している、さて、今年はいつまで我慢できるかは気温しだいになる。

★…画像はマンネングサ、3枚目の写真はエアコンの室外機からの温風に耐えても今年も綺麗に咲いてくれたマンネングサ

国家の品格…カジノ法案に賛成している下品な奴ら・しかし、日本人の99%はカジノには無縁になります。こじつけコラム 3

世界で180か国の国がカジノを認めているから我が日本も国際社会の一員として、また国際観光ニッポンとしてカジノがあるのが当然としている。またギャンブル依存症の対策として韓国と同じように生活保護者はカジノに入場できないから安心という意見もある。

たしかに生活保護者がパチンコや競輪をしていることが問題だという論評もあるが、このカジノをパチンコや競輪のようなゲームセンター感覚で語ることこそが無知の見本になる。この生活保護者より安い賃金、または年金で暮らしている人、そして障碍があり働けない人もかなり多くいる。つまり、これらを貧困者層とすればこの政府が計画しているカジノという博打場に入場できるのはかなり限られた人たちになる。

そもそもIR統合型リゾートというのは国際会議場や高級ホテルとカジノできている。我々普通に働いている一般サラリーマンでも簡単に入れる場所でもない。ましてやこの国の労働者の約半分が低賃金の非正規労働者、さらにパートにアルバイトになるが、この人たちらは最低賃金に毛の生えたような時給800~900円で働き仮に月に200時間働いても16万円~18円にしかならない。そもそもこのカジノというのはこれらの貧困者層そのものを排除して儲けるというものになる。

その貧困者層らがこのカジノは経済成長に役に立つから賛成とした上で「生活保護者が入れないようにすればいい」という意見をツイッターやブログで発信している。が、元々、カジノ経営者からすれば生活保護者もお前ら派遣などの低賃金者なんてものは客として期待もしていないし、むしろ邪魔になる。ターゲットは中国などの富裕層を当てにしている。そうなると日本人でこのカジノに入場できる上客とは大金持ちか人気タレント、それに政治家でしかない。いずれにしてもこのカジノ法案に賛成、または反対している我々日本人の99%以上は関係のないお話になる。

その上で「ギャンブル依存症」になる人たちというのは中小企業の以上の経営者たちになるからこれは自業自得になる。しかし、中小企業だといっても社員が500名もの会社もあるからそのボンボン経営者がギャンブル依存症になって会社をつぶさないようにすための政策や法案は必要になります。

このIR統合型リゾートというのは莫大な投資が必要になります。これを回収するためにはカジノで客から金を巻き上げなければすぐに倒産して立派な建物もすぐに廃墟になるでしょう。それにはパチンコや競輪程度の儲けでは追いつきません。この意味からいってもカジノをパチンコや競輪と同一視する考えは間違いになります。したがって我が国にはギャンブル依存症の人間が500万人以上いるからこのカジノ法案に反対という野党も的外れの国会質問になります。

なぜなら現在の公営ギャンブル、民営のパチンコでなけなしの金を賭けているような貧困者層そのものがカジノへは入れませんからです。カジノに入って賭博ができない人間がどおしてカジノでのギャンブル依存症になるのかこれも不思議な話です。しかし、そんなことを公然と言えないから貧困者の代表として、また差別として「生活保護者」のカジノへの入場を制限しているのです。だからこのカジノは必要だとこれまたカジノ経営者からすれば同列の貧困者たちが応援してくれるのですからお笑いになります。

つまり、日本人の99%の人たちが関係ないカジノを政府が認めようが我々にはまったく関係ないことになります。これは中国人、台湾人、それに香港の富裕層の人間の金を日本政府が巻き上げるという国家プロジェクトになりますから、我々カジノに関係がない人間は黙っていてもいいのです。この意味ではその金の一部でも回ってくれば日本は経済発展、活性化になるのなら自民党と維新のカジノ政策に賛成をしなければなりません。しかし、これは国家の品格を下げるものです。

そもそも他の国の人を博打に誘ってその金を巻き上げるのがアベノミクスの経済成長という発想そのものが貧困になります。先に世界の180か国にカジノがあるから日本も必要というなら、世界には武器を個人で所有している人は数千万人もいる、だから日本も武器の所有を認めなければならない理屈になる。世界に原発が180基あるから絶対安全な原発を日本の導入して事故が起こった教訓もある。

日本にあって世界にないものが日本の宝になりそれが観光資源というものです。日本の観光スポットの外人観光客の人気ナンバー1に3年連続日本一になっている伏見稲荷大社には国際会議場も高級ホテルもカジノもないが、100名の内99名が外国人になっています。

この日本が品格を捨て江戸時代のやくざのように寺で博打場を開いて寺銭(テラセン)を稼ぐという下品な日本が嫌いな人はカジノ法案に反対、下品な金でも金は金という人たちはカジノ法案に賛成してください。
 

下品なカジノ

 投稿者:伊奈利  投稿日:2018年 6月13日(水)07時32分20秒
  国家の品格…カジノ法案に賛成している下品な奴ら・しかし、日本人の99%はカジノには無縁になります。こじつけコラム 3

世界で180か国の国がカジノを認めているから我が日本も国際社会の一員として、また国際観光ニッポンとしてカジノがあるのが当然としている。またギャンブル依存症の対策として韓国と同じように生活保護者はカジノに入場できないから安心という意見もある。

たしかに生活保護者がパチンコや競輪をしていることが問題だという論評もあるが、このカジノをパチンコや競輪のようなゲームセンター感覚で語ることこそが無知の見本になる。この生活保護者より安い賃金、または年金で暮らしている人、そして障碍があり働けない人もかなり多くいる。つまり、これらを貧困者層とすればこの政府が計画しているカジノという博打場に入場できるのはかなり限られた人たちになる。

そもそもIR統合型リゾートというのは国際会議場や高級ホテルとカジノできている。我々普通に働いている一般サラリーマンでも簡単に入れる場所でもない。ましてやこの国の労働者の約半分が低賃金の非正規労働者、さらにパートにアルバイトになるが、この人たちらは最低賃金に毛の生えたような時給800~900円で働き仮に月に200時間働いても16万円~18円にしかならない。そもそもこのカジノというのはこれらの貧困者層そのものを排除して儲けるというものになる。

その貧困者層らがこのカジノは経済成長に役に立つから賛成とした上で「生活保護者が入れないようにすればいい」という意見をツイッターやブログで発信している。が、元々、カジノ経営者からすれば生活保護者もお前ら派遣などの低賃金者なんてものは客として期待もしていないし、むしろ邪魔になる。ターゲットは中国などの富裕層を当てにしている。そうなると日本人でこのカジノに入場できる上客とは大金持ちか人気タレント、それに政治家でしかない。いずれにしてもこのカジノ法案に賛成、または反対している我々日本人の99%以上は関係のないお話になる。

その上で「ギャンブル依存症」になる人たちというのは中小企業の以上の経営者たちになるからこれは自業自得になる。しかし、中小企業だといっても社員が500名もの会社もあるからそのボンボン経営者がギャンブル依存症になって会社をつぶさないようにすための政策や法案は必要になります。

このIR統合型リゾートというのは莫大な投資が必要になります。これを回収するためにはカジノで客から金を巻き上げなければすぐに倒産して立派な建物もすぐに廃墟になるでしょう。それにはパチンコや競輪程度の儲けでは追いつきません。この意味からいってもカジノをパチンコや競輪と同一視する考えは間違いになります。したがって我が国にはギャンブル依存症の人間が500万人以上いるからこのカジノ法案に反対という野党も的外れの国会質問になります。

なぜなら現在の公営ギャンブル、民営のパチンコでなけなしの金を賭けているような貧困者層そのものがカジノへは入れませんからです。カジノに入って賭博ができない人間がどおしてカジノでのギャンブル依存症になるのかこれも不思議な話です。しかし、そんなことを公然と言えないから貧困者の代表として、また差別として「生活保護者」のカジノへの入場を制限しているのです。だからこのカジノは必要だとこれまたカジノ経営者からすれば同列の貧困者たちが応援してくれるのですからお笑いになります。

つまり、日本人の99%の人たちが関係ないカジノを政府が認めようが我々にはまったく関係ないことになります。これは中国人、台湾人、それに香港の富裕層の人間の金を日本政府が巻き上げるという国家プロジェクトになりますから、我々カジノに関係がない人間は黙っていてもいいのです。この意味ではその金の一部でも回ってくれば日本は経済発展、活性化になるのなら自民党と維新のカジノ政策に賛成をしなければなりません。しかし、これは国家の品格を下げるものです。

そもそも他の国の人を博打に誘ってその金を巻き上げるのがアベノミクスの経済成長という発想そのものが貧困になります。先に世界の180か国にカジノがあるから日本も必要というなら、世界には武器を個人で所有している人は数千万人もいる、だから日本も武器の所有を認めなければならない理屈になる。世界に原発が180基あるから絶対安全な原発を日本の導入して事故が起こった教訓もある。

日本にあって世界にないものが日本の宝になりそれが観光資源というものです。日本の観光スポットの外人観光客の人気ナンバー1に3年連続日本一になっている伏見稲荷大社には国際会議場も高級ホテルもカジノもないが、100名の内99名が外国人になっています。

この日本が品格を捨て江戸時代のやくざのように寺で博打場を開いて寺銭(テラセン)を稼ぐという下品な日本が嫌いな人はカジノ法案に反対、下品な金でも金は金という人たちはカジノ法案に賛成してください。
 

(無題)

 投稿者:伊奈利.  投稿日:2018年 6月12日(火)15時39分56秒
  雑草園芸家…マンネングサ、イナリキンボシ・

★…熱風に耐えて今年も綺麗な多肉の雑草

 我家のベランダの半分はエアコンの室外機の排気のために地面の植木や花は育たない、それで我が家の農園は半畳農園と自分で揶揄している。

 その排気で使えない土地に2年ほど前に雑草の種が天から降り降りて小さな金色で★形の花を一つ咲かせた。それが昨年にはその最悪の土地で繁殖して2回の冬に耐えて今年も見事に咲いてくれた。(これで3分咲程度)

 そこで名前を調べたら多肉の雑草で「コモチマンネングサ」とあった。そこで私も勝手に「イナリキンボシ」という名前に命名した。

 去年の夏はこの「イナリキンボシ」に遠慮してクーラーをギリギリ限界まで我慢していた。たしか…7月10日だと記憶している、さて、今年はいつまで我慢できるかは気温しだいになる。

★…画像はマンネングサ、3枚目の写真はエアコンの室外機からの温風に耐えても今年も綺麗に咲いてくれたマンネングサ、

 

レンタル掲示板
/137