teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


最新情報は。

 投稿者:辻井竜一  投稿日:2012年 4月11日(水)10時05分38秒
  辻井竜一の最新情報はこちらから。

「辻井竜一のツイッター」
http://twitter.com/#!/ryuichitsujii
 
 

ライブ告知。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2012年 1月30日(月)09時52分34秒
  2012年2月12日(日)夜、東京の渋谷にある「Last Waltz」という場所で
辻井竜一(短歌)、康勝栄(ギター)、永川サラ(ベース)、高橋公彦(ドラム)
によるトランス短歌ロックバンド「夕顔はかない人」がライブをやります。

http://lastwaltz.info/2012/02/post-2430/



 

「かばん」2011年12月号に8首掲載されております。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年12月12日(月)15時08分29秒
  辻井竜一の短歌最新作はこちらから。

「辻井竜一」短歌ブログ
http://ryuichi1978.cocolog-nifty.com/blog/



辻井竜一の最新情報はこちらから。

「辻井竜一のツイッター」
http://twitter.com/#!/ryuichitsujii
 

浜症

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年11月25日(金)16時52分35秒
  病名「浜症」

※症状その1:目覚ましのアラーム音を「もうひとつの土曜日」の「着うた」に
してしまう。

毎朝、目覚めるときには枕元で浜省が「昨夜眠れずに 泣いていたんだろう」
と歌ってくれることになります。
浜症患者のほぼ90%に見られる症状です。

※症状その2:決して自分の車を購入しない。

車は、主に自分の恋人の父親のものを盗んで使用します。
友達に借りることもあります。
とにかく、自分の車を購入するという考え自体が
なくなってしまいます。
この症状は、男性にのみ、見られるようです。

※症状その3:外来語の多用

これは、浜症患者だけに見られる症状ではありませんが、
例えば街の名を呼ぶ際に、東京を「TOKYO CITY」、
埼玉を「SAITAMA CITY」と呼んでしまう、
これは明らかに浜症の症状です。

また、「いつから~?」とたずねられた際の答え方として、
「SINCE」を使用するというのも、 浜症にしか見られない症状です。

例「お前さあ、その仕事、いつからやってるんだっけ?」
  「SINCE2007!」

症状その4:確認

何かを人にたずねる際、必ず確認を求めてしまう。

例①
「一つ、聞きたいことがあるんだけど……、答えてくれるかい?」

例②
(何かを話した後)「……そう思わないか?そうは思わないかい?」

これらには、自覚症状がありませんので、特に注意が必要です。
近親者の方に症状が見えた場合には、早急に精密検査をすすめるようにしてください。


※(「新・家庭医学の基本/辻井竜一」より引用)
-----------------------------------------------------------------
著者プロフィール


辻井竜一

1978年8月21日生 獅子座

ポジション:セカンド

好きな有名人:J.D.サリンジャー、広島カープ

将来の夢:最高の女とベッドでドン・ペリニヨン

-----------------------------------------------------------------
 

どこに辿り着くかな。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 8月23日(火)10時29分30秒
  2011年8月25日(木)発売の角川「短歌」9月号掲載の7首は
客観的に辻井竜一の最高傑作かどうかはともかく、
自分では一番気に入っております。

とりあえずこいつを世に出しとけばあとは何とでもなるだろうと思うほど。
そりゃあ、自己満足は大前提でありましょう。でも、たくさん売れますように。
 

歌集を紹介していただいております。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 7月 7日(木)17時52分1秒
編集済
  こちらのサイトで辻井竜一の歌集を紹介していただいております。

http://tanka.michikusa.jp/yukkuri_yukkuri.html

わあい、「おすすめ度 ★★★★★ 難解度★」、
「サラダ記念日」といっしょだ!いっしょだぞ(はしゃぎすぎ)。

ありがとうございます。光栄でございます。
 

角川「短歌」2011年7月号

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 6月23日(木)14時14分7秒
  さて、いよいよ6月25日(土)、辻井竜一の「21世紀短歌論」入りの
角川「短歌」2011年7月号が発売になりますね。

とりあえず「他の人が絶対書かない(書いてはいけない)ようなことを書いた」という自負はあります。
どうなるやら、ぞくぞくする。
この感じを得るために書いているのかもしれない。
 

最新情報は。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 5月17日(火)10時39分41秒
  辻井竜一 (ryuichitsujii) on Twitterで公開中です。

http://twitter.com/#!/ryuichitsujii
 

※短歌のみの出演となります。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 4月 7日(木)11時08分19秒
  4月7日(木)日本時間21:00~放送開始
http://radioyunomusique.tumblr.com/
の、第二回放送(たぶん来週)にあるバンドとのコラボ的な感じで
辻井竜一が出ます。※短歌のみの出演となります。
 

「かばん」2011年4月号および5月号

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 4月 7日(木)11時07分12秒
  「かばん」2011年4月号および5月号には辻井竜一の短歌は載りません。理由は、あまりにも多く書きすぎてしまったため、どれを出せばいいか
わからなくなったからです。入会以来、初の欠詠であります。
 

3月19日(土)イベント中止の件

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 3月14日(月)19時35分14秒
  2011年3月19日(土)に江古田で開催を予定しておりましたイベントですが、
今回は中止という判断をさせていただきました。
楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございません。
延期開催の予定も今のところありません。
 

HPができました。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 1月27日(木)19時31分7秒
  トランス短歌ロックバンド「夕顔はかない人」のHPができました。



http://www.ne.jp/asahi/yugao/hakanaihito/ さあはじまりますよ。
 

【速報】

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2011年 1月20日(木)09時02分17秒
  2011年3月19日(土)に開催される短歌朗読と音楽のイベント、
タイトルは「饗宴、再生、歌声」に決定しました。

すべてひらがなにしてみたりするといろいろないみがみえてきます。みみをすましてごらん、きみ。
 

短歌と音楽と映像のプロジェクト、第二弾です。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年12月27日(月)11時51分4秒
  http://www.youtube.com/watch?v=dus4GCiiE9U

若き日の辻井竜一の映像も入っていてなんだか7分を超える大作であります。


第一弾は
こちら

http://www.youtube.com/watch?v=GWKR5h4BYE8&feature=mfu_in_order&list=UL
 

2011年、短歌朗読と音楽のイベント(仮)

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年12月22日(水)10時04分20秒
  2010年12月22日現在、予定は下記のような状況になっております。

短歌朗読と音楽のイベント(仮)

日時:2011年3月19日(土)open 18:30 start 19:00(予定)¥未定+order

出演予定
朗読者:辻井竜一、奥村晃作、凌山清彦、オカザキなを、岡本畔奈、

ミュージシャン:高橋公彦(drums)、ナガカワサラ(bass)、康勝栄(guitar)、
dead k(guitar)and more

場所:江古田・Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7榎本ビルB1
西武池袋線江古田駅・歩5分
西武有楽町線新桜台駅・歩5分(副都心線直通)
都営大江戸線新江古田駅・歩10分

Cafe FLYING TEAPOTのHP

http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html
 

【速報】作品が出来つつあるのです。すてき。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年12月10日(金)13時28分13秒
  短歌と音楽と映像のプロジェクトが進行中です。

RK Project(仮) Yukkuri Demo

http://www.youtube.com/watch?v=GWKR5h4BYE8
 

【速報】短歌のイベント開催決定のお知らせ。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年12月 1日(水)11時17分45秒
  短歌朗読と音楽のイベント(仮)

日時:2011年3月19日(土))open 18:30 start 19:00(予定)¥未定+order

出演:辻井竜一(?)、高橋公彦(drums)and more

場所:江古田・Cafe FLYING TEAPOT

東京都練馬区栄町27-7榎本ビルB1
西武池袋線江古田駅・歩5分
西武有楽町線新桜台駅・歩5分(副都心線直通)
都営大江戸線新江古田駅・歩10分

Cafe FLYING TEAPOTのHP

http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html

今後、詳細をつめてまいります。

基本的には、短歌朗読、音楽演奏、その融合、その融合を行わない、
などを中心とした催しにしていこうと考えております。
 

もうひとつの奇跡。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年11月 4日(木)17時29分38秒
  おお、ニュースになっとる。
http://www.cablenet.co.jp/local_info/topics/detail/1233912_25398.html

「優れた実績を収め、将来が嘱望される芸術家を表彰する「芸術奨励賞」を、
歌人の辻井竜一さんなど、6人が受賞」

というわけで、無事に川口市総合文化センターリリアメインホールにて行われた
川口市芸術奨励賞の授賞式に出席し、
賞状とトロフィーをいただいてまいりました。ありがとうございます。
ああ、ありがとうございます。川口の辻井竜一です。
世界のでも龍一でもありません。教授のニューアルバムは
11月10日(川口の日)に発売のようです。猫によろしく。

当日駆けつけてくださいましたみなさま、遠くから見守っていて
くださいましたみなさま、心からお礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

まだ詳しいレポートを書けるほどには地に足がついて下りません。
ああ、どんな感じだったのやら。


ところで。

明日から公開になるジョン・レノンの映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」が
「R15指定」だなんて。
「ジョン・レノン・ミュージアム」が閉館になってしまったなんて。
この世界は狂ってるよ。そう思わないか。そうは思わないのかい。
 

太陽と戦慄と竜一。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年10月21日(木)11時05分2秒
  1994年リリースのSHEENA & THE ROKKETSのアルバム、
「ROCK ON BABY」はこのバンドの長い歴史の中でも最も特殊な
位置にあるといっても過言ではないでしょう。

何しろ、唯一の(当然ではあるけれど)
全曲(作詞:阿久 悠 作曲:鮎川 誠)という作品なのですから。

そして辻井竜一が最も愛する作品でもあります。

というわけで愛のある前置きでした。

さて。

昨日、「短歌研究」11月号が自宅に届きました。

ああ、いろいろ雑誌に載せていただいてはきましたが、
短歌の雑誌の表紙に名前が載ったのは生まれてはじめてのことで
ありますからやはり祝うべきことであります。はじめてさいこう!

本日より販売開始のようで、素晴らしいことです。

http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%AD%E6%AD%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6-2010%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B0046C0OEU/ref=sr_1_14?ie=UTF8&qid=1287622338&sr=8-14


しかしこの「新進気鋭の歌人たち」という特集は大変面白いものであります。
何しろ全員のグラビア写真まで載っておりますから。

僕はかつて「歌人は見た目が9割」という暴言というか迷言を吐いたことが
ありますが、さもありなんといった感じですね(嘘)。

ちなみに僕は「111ページ」に載っています。
まったく一々ドラマチックな男だぜ(と自分で言う)。

今回の作品、「ファイナル・カーテンコール」についてはどのような
感想をみなさまがお持ちになられるか、大変興味がございますので、
お読みになった方はぜひともご感想をお伝えいただければ
幸いであります(何故か少しおろおろしている)。

と、この流れで今月末は川口市総合文化センターリリアメインホールで
川口市芸術奨励賞の授賞式だ。川口だ。川口さいこうだ。
賞状をもらうなんていつ以来だろう!いい波が来てるなあおい。


さあ次は何をやろう。

ピート・シンフィールドを目指そうか。

それとも、自分で歌おうか。

もしくは、両方やるか。

さて。
 

賞をいただきました。

 投稿者:辻井竜一メール  投稿日:2010年10月17日(日)20時32分24秒
  こんにちは。ビートルズのアルバムの中では「ラバーソウル」が
一番好きな辻井竜一です。

さて、意味不明な前置きはさておき。

昨日、ツイッターでも速報をお伝えいたしましたが。

なんと。恐るべきことに。

このたび。

生まれも育ちも埼玉県川口市の辻井竜一は。

川口市より。

※「芸術文化活動において優れた実績を収め」、
「将来を嘱望される方に贈呈される」という、
「川口市芸術奨励賞」をいただけることが決定いたしました。

ありがとうございます。ありがとうございます。

さらにとてつもないことには、
授賞式は今月の末、
川口市総合文化センター「リリア」メインホールにて
行われるとのことで、ああ、「リリアのメインホールに立つ」という
幼少期からの夢が実現する運びになります。

また一つ夢がかないます。

昨日はそのお祝いを地元のインド料理のお店にて仲良く
行っておりまして、今はビートルズの「ラバーソウル」を
聴きながら当日の服装、態度、何か発言するとしたら
何と言うべきかなどに頭を悩ませておるところであります。

乙女系のワンピースなどを着用されることは何としても
避けたいところですが、はたしてどうなることやら。
まあ、きっちりとしたスーツが妥当でありましょう。
ネクタイくらい遊ぶかね。ああ、どうなることやら!

無事に授賞式を乗り切って、また旅に出たい気分での
辻井竜一でした。
 

レンタル掲示板
/7