teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アヴェ・マリア (Ave Maria)の動画を集めてみました。

 投稿者:39  投稿日:2010年11月 3日(水)22時57分12秒
  失礼します。

アヴェ・マリア (Ave Maria)の動画を集めてみました。

http://dankaisyowa.seesaa.net/article/168179617.html
 
 

まりや崇敬は間違い

 投稿者:  投稿日:2010年 8月 7日(土)13時29分38秒
 

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1269734808/1

 

FATIMA

 投稿者:ノートルダム  投稿日:2010年 7月16日(金)12時18分44秒
  FATIMA
1993-1

2005-131
2006-132
2007-133
2008-134
2009-135
2010-136-1999年.第7番目の月
1月~7番目.月齢15の満月.7月26日
http://www.youtube.com/watch?v=Eg2UMzCIcPM
 

秋田の聖母マリア

 投稿者:francisメール  投稿日:2010年 2月 2日(火)15時00分45秒
  主に賛美


兄弟姉妹の皆様、秋田の聖母マリアの奇跡を知っていますか?

1973年から1982年まで、秋田県秋田市郊外の小さな修道院で、聖母マリアの不思議な出来事がありました。
当時は、世界的に大騒ぎになり、奇跡に立ち会ったカトリック神父が出来事を記録した著作は、4ヶ国語に翻訳され、現在も世界で読まれています。


世界のカトリック教徒の間では「Our Lady of Akita」の名前で知られています。
世界11億人のカトリック教徒の間では、よく知られた出来事なのです。

ぜひ、ホームページをご覧下さい。
 

クリスマスに関して天の御父から頂いたメッセージについて

 投稿者:内田司  投稿日:2009年12月 7日(月)11時45分33秒
  投稿者:内田 司(アッシジのフランシスコ:カトリック雪の下教会信者)
天の御父からのメッセージなので積極的に転載してください。

 主の平和。

 標記の件ですが、2009年12月6日に、雪の下教会の山口 道孝神父様の司式
 の御ミサにあずかり、御聖体拝領後、聖体礼拝をしていたときに主の聖霊が
 私に下りまして(まったく考えてもいなかったことが突如、浮かんだ)、
 天の御父からのメッセージを頂きましたので全文掲載します。

 照らし。

 「物事の本質を見極めなさい」。

  クリスマスの本質とは、「天の御父が、全人類救済のために、無償で、神の愛の
 証として、おんひとり子を「プレゼント」として地上につかわしたもの、そのこと
 を祝うこと」です。

  イエズス・キリストの降誕は天の御父からの御恵みです。

  人々は、そのことを祝うために、クリスマスの贈物を記念をしてやりとりしていた
 のですが、

  クリスマスの本質を深く心に留めないと

  プレゼントのやりとりの習慣、ひいてはクリスマスそのものが、「偶像」(ぐうぞう:
 本質が全く忘れ去られたもの、深い意味は知らなくても、「とにかくしなければいけな
 い」と思わされるようなもの)になってしまいます。

  クリスマスのプレゼント交換が、ただ単に、この世の品物や高価なものをやりとりする
 だけの「偶像」にしては絶対にいけません。

  「サンタクロースの話」にしても、子供さんが、「目に見えるプレゼント(それも、高
 いもの)をもらえるのがクリスマスだ」と思い込まないように、十二分に注意が必要です
 (親御さん、気をつけてくださいね)。

  何となれば、天の御父は確かに目に見える形で御ひとり子イエズスを世に御遣わしにな
 りましたが、イエズス・キリストの「聖霊」(天の御父からの偉大なプレゼント)は、
 まったく「目には見えない」からです。

  人は、「目に見えるもの、耳に聞こえるもの」にとかく注意を奪われがちですが、

  主の目から見て本当に大切なものは

  「目には見えないもの」(お祈り、信仰、勇気、従順や愛徳など)であることに、どう
  か心を留めてください。

  クリスマスだからといって、その本質に深く思いをはせ、理解することなしに、ただ上
 辺の「お祝い(オイワイ)」をするようでは、ただのどんちゃん騒ぎや商業主義に流され
 てしまいます。

  よいことをおこなうときこそ、「蛇のように賢く」なり、自分のしようとしていること
 を深く理解し、ふり返りなさい。

  よいことやお祝いをおこなうときこそ、「主の御心にはずれたもの」が入ってしまわな
 いように、気をつけてください。

  このようなこと(書いてきたこと)を「わかる」、主から授かる(預言)、「知恵」を
 授かるには、

  ひたすら「神に祈って聞きなさい」(自分の思い込みや先入観や常識など全部捨てて)

  「神に祈って聞きなさい」(御ミサにあづかり、御聖体を頂き、御聖体を礼拝して)。

  「聞け」!

   主に心を向けるために、絶えず祈りなさい。

  この世のことがらに対しては、「蛇のように賢く」、注意深く用心深くありなさい。

  主の御旨(みむね)については、「鳩のように素直」でありなさい。

   自分の思い、考え、クセ、過去の経験、悩み、世の事(常識など)は全部すてて、
  神に祈って聞きなさい。深く深く聞きなさい。

   「絶えず祈りなさい」。

  以上全文です。

 投稿者:内田 司(アッシジのフランシスコ:カトリック雪の下教会信者)
 住所:〒248-0022 神奈川県鎌倉市常盤411番地 矢沢荘2F5号
 

聖堂内のおしゃべり

 投稿者:匿名  投稿日:2009年 2月22日(日)20時06分10秒
  ミサが終了次第聖堂の中で信者の人たちのおしゃべりが一斉にはじまります。聖堂は聖体の中でキリスト様がおられ、祈りの場の筈ではないのでしょうか?また残って祈りたい人もいるのではないのでしょうか?その人たちのことを全く気にしないのでしょうか?それが信者になりたいと思っている人の大変な妨げになっています。  

年間22主日は???

 投稿者:sora  投稿日:2008年 8月30日(土)16時08分42秒
   「エレミヤの預言」を辿っておりました所、貴サイトに出会いました。
年間22主日の第一朗読は「エレミヤの預言」20・7~9節ではないでしょうか?
冊子、「毎日のミサ」ではそのようになっておりますが・・・
 

Autistic church

 投稿者:artosメール  投稿日:2007年11月 2日(金)18時29分49秒
  It's a  very good idea to have this BB site at your church web-site.
I started to attend a Catholic church in Tokyo two years ago,but I am
not admitted to a full church member yet.
From what I see,as an average Japanese,
there seems to exist a very high wall.Why do they use such difficult words like
HISEKI,KENSIN(confirmation),SEITAI HAIRYOU(Communion).
I plan to go to Tateyama this weekend and was surfing the net and lucky enough to find your site.
 

どんぐり幼児クラブ

 投稿者:jungleメール  投稿日:2007年 6月18日(月)21時18分27秒
  この度,どんぐり幼児クラブの新しいホームページが開設されました。検索エンジンにはまだ登録されていないようなので,直接URLを打ち込むか“カトリック木更津教会Official Homepage”からリンクされていますので,表紙の“どんぐり幼児クラブ”をクリックしてご覧になって下さい。

http://members3.jcom.home.ne.jp/kisarazuch/

 

Yahoo!Japanに登録されました

 投稿者:jungleメール  投稿日:2007年 6月 2日(土)22時55分36秒
  “カトリック木更津教会Official Homepage” が,遂にYahoo!Japanにカテゴリー登録されました。これからは,様々な人達の目に触れる機会が多くなると思います。今後ともよろしくお願い致します。

http://members3.jcom.home.ne.jp/kisarazuch/

 

レンタル掲示板
/2