teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:90/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

旬の魚『白魚(しらうお)』

 投稿者:大将  投稿日:2007年 2月21日(水)22時40分33秒
  通報
  本日のメニューは、


『白魚(しらうお)』に、なります。

“春を告げる魚”といわれ、
春になってくると、市場に並んでくる魚です。
(旬は、もちろん春です)


【しらうおの生態】
太平洋側は、北海道から岡山県辺りまで分布。
日本海側は、北海道から九州西部辺り分布。

産卵期は、2月から5月。
北方を除いては、極寒の冬から初春にかけ群れて泥底の川口に上る。
産卵後に大方死んでしまうので、アユと同じく一年魚と言われています。

体は透明で細長いが、死ぬと白くなってくる。



【しらうお(白魚)と、シロウオ(素魚)???】

( ̄ー ̄?).....??アレ??

『しらうお』とよく混同される魚として『シロウオ』がいます。
『シロウオ』も半透明な身体で、見た目的にも『しらうお』と似ており、春先に河川を遡上する点や食用になる点などよく似た点があります。


☆『しらうお』はサケ目シラウオ科シラウオ属に属しており、アユやシシャモの仲間になる。

成魚の大きさ  全長10㎝程度

☆『シロウオ』は、スズキ目ハゼ科シロウオ属に属しており、ハゼの仲間になるため、『シラウオ』とは、全く異なる魚です。


成魚の大きさ  全長6㎝程度


(゚~゚)ふぅぅぅん

漢字では『シロウオ』は素魚、『しらうお』は白魚と書きますが、地方によっては、シラウオ(白魚)をシロウオと呼んだり、シロウオをシラウオと呼んだりと混称されているので、注意!



ちなみに
福岡の筑後川周辺で「白魚の踊り食い」に利用されるのはシロウオのほう。生きたままを酢醤油などで味わい、ピチピチとした食感が楽しまれている。


【食べ方】
新鮮なものはそのままで、お汁に入れたり揚げ物にするのもいいですよ
(o^∇^o)ノ
 
 
》記事一覧表示

新着順:90/117 《前のページ | 次のページ》
/117