teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:94/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『青竹製品』

 投稿者:大将  投稿日:2006年11月14日(火)11時15分51秒
  通報
  いらっしゃいませ    ぺこ <(_ _)>

今回は、『竹製品』です。


当店で、使用している青竹製品は、すべて手作り特産品です。


お客様一人一人の為にお造り致しました。


毎回、竹屋さんと契約し、色の良い竹を持ってきてもらい、お店で作っております。   ^^)人(^^ )

青竹製品は、青竹箸・青竹箸置き・指洗器(フィンガーボール)になります。

青竹製品は生竹を使用していますので、色がすぐに変わってきてしまいます。


その為、その日、その日のお客様の為に箸、箸置き、お絞り置き、フィンガーボールといった青竹製品を毎日手作りでお出ししております。

もちろんそのお客様一人一人の為に作った青竹製品ですから全て持ち帰ってOK!


御自宅でどうぞお使いになってください。


尚、竹の青い色を残しておきたい人はラップに包み、冷凍庫に入れて保管して下さい。


青色が、長持ちします。


もし、色が抜けてきた時は、、風通しの良い場所で、水分を完全に抜いて使われて下さい。
(色が抜けたら、抜けたでキレイですよ)


水分が残っていると、竹製品に『カビ』が出てきますので、ご注意を !


また、指洗器(フィンガーボール)に浮かんでいる切り笹も持ち帰ってOKです。



*ランチでは、青竹製品は、お出ししておりませんのであしからず・・・


ちょっと雑学

『箸の語源』は・・・
「鳥のくち"ばし"から由来、端(はし)と端(はし)に挟んで食と口との橋渡しをするものである」という意味らしいです。

古くは細く削った竹や木の中程を折り曲げてその端と端を向かい合わせて食をとった。ということである。

今と同じ二本になった箸が普及するのは、奈良時代以降です。唐箸と呼ばれたことから考えて、中国から伝わったものと思われます。



『やっては、いけない箸作法』
食事をしながら箸をふりまわす。(振り箸)
箸を食器の上に渡して置く。(渡し箸)
器を箸先で引き寄せる。(寄せ箸)
どれを取るかあちこち料理の上を迷う。(迷い箸)
箸で人を指す。
一度箸をつけた料理を離す。(空箸)
一度箸をつけた料理を離し、別の料理を取る。(移り箸)
箸で突き刺す。(刺し箸)
料理の下から選んで取る。(さぐり箸)
二人でひとつのものをはさむ。(二人箸)
箸から箸へ渡す。(箸渡し)
箸で器をたたく。(叩き箸)
箸を持ったままおかわりをする。(受け箸)

が、あります。


『フィンガーボール』
洋風料理で手掴みで食べる作法のメニューが出た時に指を洗う水を満たす金属製の容器の事をさします。

もともと、日本には、こういう習慣は、無かったのですが、お寿司を手で美味しく召し上がってもらいたいと、思い!金寿司風にアレンジして、青竹でお出ししています。

飲んじゃ、ダメですよ!
(美味しい熊本の水なので、間違って飲まれても平気ですけどね)

ちなみに、
香港・中国などの料理は油っこい物が多いのでフィンガーボールの中身は水ではなく烏龍茶を使うようです。



『ちょっと、良い話』
英国のビクトリア女王が、ある晩餐でフィンガーボールを使う風習が無い国の国賓が、その水を飲んでしまい、女王はその国賓に恥をかかせないように、自分も付き合いで飲んだというのがあります。
マナーというはマニュアル通りではない、相手を思いやる気持ちがマナーだとということを女王自ら世に教えた訳ですね。



今日は、このへんで!

まいど、ありがとうございました。  ぺこ <(_ _)>


またの来店をお待ちしております。
 
 
》記事一覧表示

新着順:94/117 《前のページ | 次のページ》
/117