teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:102/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『美味しい貝 鮑(アワビ)』

 投稿者:大将  投稿日:2006年 9月12日(火)11時34分8秒
  通報
  今回は、アワビについてです。

アワビといえば、(旬は、夏)
高級貝で、とても美味しい貝ですね!(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

アワビは、ミミ貝科といわれる巻き貝の一種です。

そんな、アワビ! 世界には約100種のアワビがいるそうです!!!
日本に分布するアワビの仲間は合計10種類ぐらいいるそうですが、通常アワビというと、

『エゾアワビ』

『クロアワビ』

『メガイ』

『マダカ』

を指し、エゾアワビは、クロアワビの北方種と考えられています。

『エゾアワビ』
茨城県以北、日本海岸北部から北海道にかけて分布しているらしいです。
乾アワビは高級品として珍重されますが、刺身や酒蒸し、ホイル焼きとしても美味しい貝です。

『クロアワビ』
茨城県以南から九州沿岸あたりに分布。
貝殻、身の部分とも青黒い。クロガイ、オガイと呼ばれる。 身がしまってコリコリしていて、刺し身にすると歯ごたえが良い。

『メガイアワビ』
千葉県銚子と秋田県男鹿半島以南に棲息。クロアワビよりも深い海にいる。
市場ではクロアワビのことを「おがい(雄貝)」、メガイアワビのことを「めがい(雌貝)」と呼ぶが、これは別種の貝である。
クロアワビがやや細長く、色が黒くて身が厚いのに対してメガイは丸みが強くて身が薄く赤い。
この特徴から男女に例えたものである。

殻は赤褐色、足の部分は黄土色。ビワガイとも呼ばれる。 身が柔らかく、酒蒸しなど火を通す料理にむいている。

『マダカアワビ』
ひと昔には千葉県外房の大原で取れるマダカアワビは、超有名ブランドであったが、2010年まで休漁となっている為、今や幻のアワビである。(大きいものだと、30センチ以上になるそうですが、今は、めったに獲れないそうです。 残念!)

今は、外房のアワビは主に御宿・勝浦・鴨川などで獲れるそうです。

ちなみに、『トコブシ』は、
北海道南部から台湾までの、磯などのいたって浅い海に棲息している。
アワビとの違いは、貝殻についている呼吸する穴が煙突状に高くならず、アナの数も6~9個と多いところです。

ついでに、『ロコガイ・チリアワビ』
この貝は、回転寿司で「アワビ」とされていたものがこれである(ちなみに、この貝はアワビではない)

『習性』としては、
夜行性で日中は岩礁下に静止している。特に褐藻類を好む。
食べる海藻によって殻の色が異なり、紅藻類を食べる場合は褐色、褐藻類の場合は、青緑色になる。
これらの色は軟体部にも影響し、肉の味も異なるという。生息深度、殻の大きさ、形等は種類によって異なる。

アワビのメスとオスは、肝の色で判別する。オスは茶系、メスは緑系と 全く違った色なのだが、味の方は、そんなに違いはない。

『のし袋ののしとはアワビのこと』
祝儀などで祝い金を包む紙をのし袋、贈り物などの上にかける紙をのし紙というが、この「のし」というのは、「ノシアワビ(熨斗飽)」あるいはアワビノシのことである。
(昔はアワビの肉をのばして、干したものを用いた)

現在では印刷されているか、代用品がついているだけだ。
のし袋の水引の右上に、下が狭く上が広い六角形のものに長く黄色いものを包んである様子が印刷してある。これがアワビノシのなごりなのである。

『選び方』
殻が深く、身が太ったものがよい。肉が殻から盛り上がり、そこに触れると素早く反応して縮むものが新鮮である。

『金寿司、』
寿司屋では、煮アワビが、最高~!
江戸前の技で4~5時間、コトコト煮込んだ匠の味!
金寿司の煮アワビを一度食したら、やみつきになる事、間違いない!

この味、食べてみて下さい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:102/117 《前のページ | 次のページ》
/117