teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


情報ありがとうございます!

 投稿者:ゆこ  投稿日:2010年10月19日(火)00時40分39秒
返信・引用
  書籍・サイトだけではなく、図書館まで!
見てみます!

わー。続けてて良かった。

昨日の南総里見まつりはどんな感じだったのだろう。
 
 

南総里見八犬伝〈八犬〉典拠考

 投稿者:ひふみよ123  投稿日:2010年10月 5日(火)09時20分38秒
返信・引用
  最近下記のホームページで『南総里見八犬伝〈八犬〉典拠考』【月刊誌「さすら」2008年5月号~'09年1月号連載・神理研究会刊TEL03-5352-8115】を知りました。

御興味がありましたら閲覧・論議を御寄せ下さい。

諏訪春雄学習院大学名誉教授主宰「民族文化の会」
ホームページ「諏訪春雄通信369号」の片隅でごく簡単に批評しています。
http://home.s00.itscom.net/haruo/sub45.html
尚下記の図書館でも蔵書しています。
1.国会図書館蔵
2.千葉県立図書館蔵。
3.館山市立博物館・八犬伝博物館蔵
 

投稿が・・・

 投稿者:ゆこ  投稿日:2009年 8月26日(水)23時30分11秒
返信・引用
  しばらく投稿がないため広告挿入しますよってメッセージが(^^;

なんと投下しときますかね~
馬琴ネタないなー最近。
 

そでしゅ

 投稿者:伊井暇幻  投稿日:2009年 1月12日(月)20時43分12秒
返信・引用
  書き込んだ後、やや深く検索したら、東大のホームページに要約が載っていました。どうも昨年度の博士論文のよぉです。要約を見る限り、良い論文です。東洋思想史に於ける馬琴の立ち位置が大雑把には追究されている。但し、日本近世思想史との関わりが、少なくとも要約文からは、そもそも追究されているのか判然としませんでした。前回、馬琴忌に申し上げた如く、八犬伝の史観は単純な儒教歴史学を既に卒業……ってぇか悪く言えば通俗化している。純粋な形での勧善懲悪ではなく、よりメティス/世智に傾いたものへと変貌しております。私としては、儒者ならざる儒者と密かに呼び私淑したいなぁと思っている新井白石なんてのに庶い。白石は思想として、かなり過激なんすが、儒者っぽくなくって、実務官僚だったんすが、簡単に言えば、【頭の良すぎる単なるオジサン】の印象があります。馬琴も結局は、儒者ではなく大衆小説家だったわけで、両者には同じ匂いがするんすよね。
但し、そこまで台湾の人にオッ被せるのは、日本人として無責任に過ぎる。極東の同志として、東アジアに於ける馬琴の位置づけさえキチンとしてくれたら外に言うべきことはない。要約のみ読んでも労作であることは明らかであって、実は時間がないだけで、とっくに買っており、読むのが楽しみでならないのでしゅ。……でも、公私にわたって雑事が立て混んでおり、五月ぐらいまで読めないかも。
 

これですね

 投稿者:ゆこ  投稿日:2009年 1月12日(月)13時45分21秒
返信・引用
  http://www.amazon.co.jp/%E9%A6%AC%E7%90%B4%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%81%A8%E5%8F%B2%E8%AB%96-%E9%BB%84-%E6%99%BA%E6%9A%89/dp/4916087925/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1231735337&sr=8-1

馬琴小説と史論 (単行本)
黄 智暉 (著)
価格: ¥ 6,930
単行本: 285ページ
出版社: 森話社 (2008/12)
ISBN-10: 4916087925
ISBN-13: 978-4916087928
発売日: 2008/12
商品の寸法: 21.4 x 15.4 x 2.4 cm

近世後期の読本作家・曲亭馬琴の作品は「勧善懲悪」の文学観を主旨としている。本書では、和漢の文献を駆使して、史伝物読本の中でその史論を展開させる時の土台となっている馬琴の勧善懲悪観の根拠をさぐるとともに、その作品に影響を及ぼしている易学的趣向を追究する。


新品のほかに中古で2点出てますねー
うーん。でも図書館待ちかなあ。
 

まだ読んでいませんが

 投稿者:伊井暇幻  投稿日:2009年 1月 9日(金)19時02分47秒
返信・引用
  『馬琴小説と史論』 黄智暉  森話社  A5 288頁  2008年12月 6,930円
台湾の人が、昨年十二月{奥付が十二月だから恐らく実際には十一月のうちに発行}馬琴と史論{←恐らく中国の前近代史論のこと}に関する単行本を日本で発行しています。
帯では和漢の文献を駆使して云々と書いていましたが、まぁ多分、中国の文献が中心でしょう。昨年の馬琴忌更新で私も馬琴の史観が新井白石の歴史論の影響を受けたと断じているので、読めねばと思っていましゅ。
また、台湾の人らしく風水に就いても書いているようですね。高い本なので、図書館にリクエストしてみてくらさい。
読んだら書き込もうと思ってたんすが、なかなか時間がなくて……。
 

うーん

 投稿者:ゆこ  投稿日:2009年 1月 4日(日)19時56分3秒
返信・引用
  一定期間投稿がないと広告まみれになるんですね。困ったな。
何か馬琴系の情報はないかな~
carinaさんとこに行った方が早いかもだな~
 

いつぞや見たことがある、かもしれない

 投稿者:ゆこ  投稿日:2008年 7月 1日(火)00時05分51秒
返信・引用
  情報ありがとうございます。すっかり忘れておりましたが、こんな商品もありましたね。
珠の色はドラ●ンボールから流用したのではないかと疑ってしまうほどのオレンジっぷりです。
そろそろクリスタルにレーザー印字した靈玉なんてのも出てきてもいい頃では?などと思ったり。

葵の印籠いいなあ。
 

「馬琴情報」や否や悩んだのですが

 投稿者:伊井暇幻  投稿日:2008年 6月25日(水)20時22分33秒
返信・引用
  携帯ストラップの話題であります。いや、フラッシュメモリをジャラジャラ三つも持ち歩いていますので、ストラップでも付けて落とさないようにしないとなぁ、と。

Strapya.comって所のうちhttp://www.strapya.com/categories/12.htmlを開け、
【お笑い芸人】のカテゴリー(http://www.strapya.com/categories/12_31.html)に入ると、何故か、
南総里見八犬伝ストラップの頁に行けます(http://www.strapya.com/categories/12_31_153.html)。
全透明ではなく、何故だか琥珀色……馬琴の設定とは違いますが、1個609円は安いかも。
材質はアクリルで中に白い文字カード(?)が入っている感じ。ただ直径2.5センチはデカイか。
ちなみに、http://www.strapya.com/categories/12_60_4027.htmlには印籠ストラップ。当然、三つ葉葵もあり。
 

主に文意の図解ですから

 投稿者:伊井暇幻  投稿日:2008年 6月16日(月)00時49分37秒
返信・引用
  流れ図といぅか箇条書きが主ですか。あとトドの変態(変態のトドといぅと太った変態みたいですな)とか全身に八つのアザがある幼児の裸身(前後)とか各種地図などでしたか。けっこう便利そうですけども、そちらの店頭にも並ぶかも。  

レンタル掲示板
/6